床材選びのポイント

1.コーディネートの原則

壁紙・床材選びのポイント

お部屋ごとの素材選び(おすすめの床材・ポイント)

キッチン

クッションフロア
クッションフロアー
弾力性があり、足にやさしいこと、水拭きができることからおすすめです
フローリング
フローリング
水拭きができ、お手入れがしやすいことから好まれます

リビング・ダイニング

カーペット
リビングダイニング カーペット
椅子を動かしても音がしないこと、傷がつかないこと、冬季にも足元が暖かいことからダイニングにおすすめです
カーペット
壁紙・床材選びのポイント
ダイニングセットの下だけ部分的に敷き、夏季は涼しい籐などの敷物に替えるのもよいでしょう
カーペット
リビングダイニング 床材選びのポイント
 お手入れのしやすい商品、汚れの目立ちにくい色の商品が好まれます
あまり分厚くないもの(10mm未満くらい)の方がお手入れはしやすいでしょう
カーペット
床材選びのポイント
テーブルの下などに敷く場合は、無地や総柄のものを選ぶとよいでしょう
フローリング
壁紙・床材選びのポイント
お手入れのしやすさから好まれます

寝室

フローリング
壁紙・床材選びのポイント
家具やベッドを置くため耐荷性があり、お手入れが楽なため
カーペット
壁紙・床材選びのポイント
足ざわりがよく、転んでも怪我をしにくいこと、冬場も温かいことから、ご高齢の方にもよいでしょう

和室

カーペット
壁紙・床材選びのポイント
音がより響きにくくなることや冬場に暖かいこと、家具を置いても傷がつかないことなどから好まれます
*どの床材にもメリットデメリットがありますので、お客様の生活スタイルやニーズに合わせてお選びください。

主な床材の特徴

カーペット

素材ごとの特徴メリットデメリット

カーペット全般 メリット デメリット
吸湿性、吸音性に優れている
滑りにくい
転んでも怪我をしにくい
足が疲れにくい
床を傷つけない
毛足にホコリが溜まりやすく、小まめな掃除が必要
シミがつきやすい
ウール 風合いがよく、通気性、保温性、防火性に優れている 使い初めに遊び毛が多少でる
化学繊維 防カビ性、防虫性に優れ、丈夫 タバコの焼け焦げ等が黒く後に残る
 ・ポリエステル 汚れにくい・安価 毛足がへたれやすい
 ・アクリル 風合いが柔らかい・安価 毛足がへたれやすい
 ・ナイロン 強くて丈夫、遊び毛が出にくい 静電気を帯びやすい

*土足や人の移動が多く、擦り切れやすい場所では耐久性に優れたナイロン素材などがおすすめです。

毛足の形状による比較
見た目の高級感 カットパイル  ループパイル
お手入れのしやすさ (掃除機の滑りやすさ) カットパイル  ループパイル
ペットにやさしい(足を傷つけにくい) カットパイル  ループパイル

フローリング

メリット デメリット
フローリング 耐久性に優れている
ダニがつきにくい
ハウスダストになりにくい
掃除が楽
静電気を帯びない
傷がつき易い
硬い
雨期にベタツク
冬期に寒い
音が響きやすい
水に弱い

*ぜんそくやアトピーの方にも適しています。
*緩衝材を裏打ちして音が響きにくい加工を施した商品もあります。
*水回り用に耐水性や耐久性を高める加工を施した商品もあります

フローリング1
フローリング
フローリング2
フローリング
フローリング3
フローリング

クッションフロア

メリット デメリット
クッションフロア 耐水性がよい
弾力性に優れている
安価で色柄が豊富
表面が傷つきやすい
ゴム製品が接触すると化学反応を起こして溶け、汚れが付着する
木目調
クッションフロアー 木目調
パターン柄
クッションフロアー パターン柄
コルク調
クッションフロアー コルク調
石目調
クッションフロアー 石目調

塩ビタイル

メリット デメリット
塩ビタイル 安価で色柄が豊富
耐久性に優れている
土足にも対応できる
見栄えがよい
汚れが落ちない(コーヒー、泥等)
傷がつきやすい
※表面に加工してある商品もあります。
木目調
塩ビタイル 木目調
大理石調
塩ビタイル 大理石調
大理石調2
塩ビタイル 大理石調
大理石調3
塩ビタイル 大理石調
その他様々な柄
塩ビタイル 様々な柄
その他様々な柄2
塩ビタイル 様々な柄
その他様々な柄3
塩ビタイル 様々な柄

メリット デメリット
日本の気候に合っている
(夏は湿気を吸い、冬季は温度を保つ)
音が響きにくい
クッション性があり足ざわりがよい
抗菌作用
歩きやすい
家具などを置くと、湿気がこもりカビの原因になる
摩耗しやすい
いぐさ草
畳 いぐさ
琉球畳
畳交換 琉球畳
合成畳
合成畳

コルク

メリット デメリット
コルク 保湿性、弾力性、吸音性に優れている
酸や油に強い
直射日光を受けると色あせる
重たい家具を長時間置いておくと凹みができる
キャスターの後がつき易い
水が染み込むと膨張しやすい
多少においがある
高価
コルクタイル
コルクタイル